心の砂地

Globalkiss的な愛の考察。

僕らのbest2015

すべての愛は消耗品である⑧ -2015best-

今回で僕たちのbest2015シリーズは終わりになりそうです。漫画や映像、なんでも書きたいことあるのですが。その辺りはまた別の機会に。すべての愛は消耗品でしょうか。よっしーの音楽編をお届けしたいと思います。1.Chrome - Half Machine Lip Moves (1979) …

すべての愛は消耗品である⑦ -2015best-

93年。 Wu-tang Clanが得体の知れないグループとしてシーンに現れた時、「100人のWu達が世界中にいる」という言葉を残した。GLOBAL KISSもこの2015年に「音楽を愛するメンバーが360人ほどあちらこちらに存在している」と発言しているが、その宣言通り、関西…

すべての愛は消耗品である⑥ -2015best-

「河童の三平」をぱらぱらとめくっていたら、アパート、原田さんの顔が頭から離れなくなった。長い手足を持ってひょろひょろとしている彼もまた妖精、もしくは妖怪だと思われる。言葉の使い方が独特なのも納得できますね。 アパート、2ndアルバムリリースが…

すべての愛は消耗品である⑤ -2015best-

去年の12月、ceroのシングル(Orphans/夜去)が出た時から、「来年はceroがベストアルバムだ」と周囲に語っていた街から鱗 a.k.aリンたろ君。夏ごろからOMSBがヤバい!となにかにつけて話し、一時期は喋り方までオムスに近づくまで彼に傾倒していました。何か…

すべての愛は消耗品である④ -2015best-

「すべての男は消耗品である。」と語ったのは村上龍であり、「愛について語るときに我々の語ること」の訳を担当したのは村上春樹であり、「私たちは繁殖している。」を書いたのは内田春菊であり、「悦びに咲く花」を歌ったのはACOであり、「私達の中で最も顔…

すべての愛は消耗品である③ -2015best-

エフェクターのつまみを弄っていたら数年が経ったという経験が貴方はお有りだろうか。彼にはあるらしいです。その後そうした怠惰学生生活を脱し、外に出てみたら女性に金棒もしくはラケットの様に振り回されたとのこと。今はTHE NOVEMBERS芸人として主にInst…

すべての愛は消耗品である② -2015best-

福井のサーストン・ムーアを目指し、ギターを抱えて京都に居を構えた18歳の少年は、気付けばジャズマスターからSP-404SXに武器を持ち替え、ある人物に「Madlibを超えた」と評されたようなHIPHOPトラックを量産する青年となっていた。 そんな、「よっしー」…

すべての愛は消耗品である① -2015best-

こんにちは。 Globalkissクルーの2015年のベストをお届けしたいと思います。 2015年にそれぞれが喰らった新譜旧譜、世界的名作、私的佳作、発掘良品など玉石混交、北から南、東大阪からニューヨーク、リオ・デ・ジャネイロから西天満東などなどで産まれた音…